靴の中の嫌な臭いの原因は足汗にあります!

靴の中が湿ってヌルヌルじめじめ、湿気たこの感じ雑菌が大量発生で足は臭ってるはず!

「靴を脱いだ時、自分の足の臭いにびっくり!?」・・・
「自分の足の臭いが気になって、人前で靴が脱げない」・・・
なんてこと、みなさん身に覚えがありませんか?
靴の中は臭いがこもりがち、足の裏は非常にきつい臭いがするので誰でも気になります、汗を掻きやすい夏場の暑い時期や汗っかきの人は特に気になりますよね。

ではなぜ、足が臭うのか?みなさん知りたくないですか?
足がなぜ臭うのかその原因について説明したいと思います。

足の臭いの原因は?
足の臭いの原因は、足の汗と皮膚に存在する常在菌の繁殖によって臭いが発生します。
それにつながる主な要因に、汗・角質・靴・靴下があります。
足には元々常在菌と呼ばれる菌がいて皮膚を守ってくれる働きをしてくれています。
しかし、この常在菌が増えすぎるとあの嫌な臭いを発生させることになります。
常在菌をちょうどいい数に保つには、足を清潔にしておく必要があります。

足の裏は、人の体の中でも特に汗を掻きやすい場所でもあります。
この汗を放置しておくと、汗と一緒に流れ出た皮脂や角質が常在菌により分解され、「イソ吉草酸」という物質を発生させます。
この「イソ吉草酸」が放出されることによってあの嫌な臭いが発生するのです。

足の裏は体の中でも角質層が最も厚い場所でもあります。
不要な角質がアカとなって剥がれ落ちますが、分厚い角質層を持つ足の裏はそれだけでも多くのアカになることがわかります。
剥がれ落ちたアカは常在菌により分解されあの嫌な臭いの原因になります。

高温多湿は常在菌にとって大好きな環境。
気温や温度、運動・スポーツ、またはストレスなどの精神発汗によって、通気性が悪く靴や靴下などの吸湿性を超える量の汗を掻くと常在菌の繁殖を促してしまいます。
また常在菌は、高温多湿な場所を好み一般的に温度と湿度が高まると活発に活動し繁殖力が強くなると言われています。
汗をたくさん吸い込んだ靴下に靴を履いた環境は高温多湿、汗と一緒に流れ出る皮脂や角質をエサに常在菌はドンドン増え、常在菌が増えれば増えるほど足も臭いやすくなります。

足の臭い対策のポントについて


人の体から汗が出る汗腺は2種類あり、「アポクリン腺」「エクリン腺」といいます。
「アポクリン腺」はワキや乳首、下腹部、陰部など特定の決まった場所にしかありません。
アポクリン線から出る汗にはタンパク質やアンモニア、脂質など臭いの元となる物質が含まれ、いわゆるワキガなどの嫌な臭いは「アポクリン線」からでる汗が原因になります。
一方、広く全身に分布される「エクリン腺」から出る汗は99%が水分で残り1%の塩分と一部カリウムも含んでいます。
つまりエクリン線から出る汗には臭いの元となる物質がほとんど含まれておらず、その為、掻いた汗自体にはほとんど臭いがないのです。
なので、エクリン線のみの部位であれば、汗を抑制したり、しっかりとケアを行い、清潔な環境を保つことで臭いを抑えることが可能と考えられています。

足の裏や手のひらにはこの「エクリン腺」が集中しており、体の中でも大量の汗を掻く部位になり、また、人の掻く汗のほとんどはこの「エクリン線」から出るものになります。

足の裏や手のひら以外にも、ワキの下や頭皮、などにも汗線が密集しており、汗線が密集している場所は、少し温度が上がるだけでも体の中で大量の汗が出やすい場所になっているのです。
また、通常の体温調節の汗だけでなく、エクリン腺から出る汗は緊張やストレスによる精神性発汗が多いのです。
ストレスを感じると手のひらに汗を掻くかと思いますが、手のひらと同様に足の裏もストレスで汗を掻きやすいのです。

足に汗を掻きたくないという不安・ストレスがさらに汗を掻かせるという悪循環にもなりやすいのです。
手のひらの汗は乾きやすく蒸発しやすいですが、足の裏の汗は靴や靴下、ストッキングで密閉されてる為、温度が上がり汗を掻き、掻いた汗は蒸発せず湿気をおびさらに汗を掻きやすいという悪循環になるのです。

精神性発汗の場合は、深呼吸などを行いリラックスすることで緊張・ストレスを緩和、なくすことで汗を減らすことができます。
もし、足の裏の汗が出て臭いが気になるという気持ちのストレスで、汗が出ているとしたら足の臭いの予防をすることで改善が期待できます。

さらに女性の場合はストッキングを履く機会が多いと思いますが、ストッキングは通気性が悪く、素材はナイロンやポリウレタン製のものが一般的で、これらの素材は汗を吸収しにくい素材になりほとんど汗を吸い取らないため汗が乾きにくくストッキングで覆われた足は湿気をどんどんため込んでいくのです。
汗を掻いてどんどんムレてくると、高温多湿な環境になり常在菌をどんどん繁殖させより強いあの臭いの原因になるのです。

足の裏は1日に200cc、約コップ1杯もの汗を掻くともいわれています。
1日中履いていた靴が嫌な臭いを発するのはある意味当然なのかもしれません。