足の臭いを抑えるにはどうすればいいの?

  アシートで足元毎日清潔!

足の臭い対策のポイントは、足のケア、靴のケア、靴下のケアが重要です!
普段足の臭いが全くなく気にならなくても、長時間靴を履いてると誰でも足の臭いがついちゃいます・・・
足の臭いなんて誰にもばれないって、あなたは思っていませんか?
そう思ってると、思わぬところで臭いを披露しちゃうって事に・・・

そんな事のないように普段から足・靴・靴下のケアを怠らないでくださいね!!

気になる足の臭い・ムレを抑えるには!足と靴、靴下を清潔に保つ!!
あなたは、足の臭い・ムレ対策どうしていますか?
足の嫌な臭いの原因について


乾燥した状態を保つ事。
    ↓
毎日干すのはめんどくさい;全て乾かないし・・・



中敷き(インソール)を入れる。
    ↓
市販の中敷きは、約1、2週間ぐらいしかきかないって感じ・・・



制汗スプレーを使う。
    ↓
汗を全部とるのは無理ですよね・・・

そこで脱臭・吸湿・抗菌タイプの中敷き インソール アシート!!

アシートは、取り替え式の紙製中敷き(インソール)です。
敷きっぱなしの中敷きと違い使い捨てタイプ、洗ったり乾かしたりの手間が必要ないんです!!

脱臭剤「クリスライト」が臭いの原因となる硫化水素などのガスを吸収!
表面強化コーティングに配合した抗菌剤「PGA」がニオイの原因となる腐敗菌増殖をシャットアウト!

波型加工によるエアダクトの通気性が足ムレを防止、紙の優れた吸湿性がしっかり毎日の汗を吸収し、
汚れたらそのままポイっと燃えるゴミとして捨てれるので臭いの原因となる菌もサヨウナラ~、清潔な足元保てるので臭いの発生を防ぎます!

靴のケア
ムレによって雑菌の繁殖環境が整ってしまいます。
家に帰宅した後、靴の中に乾燥剤や脱臭剤を入れおく。
又すぐに靴を下駄箱に直さない。
靴の中の湿気がとれないので臭いの原因にもなります。
風通しの良い場所で乾燥させることで臭いの予防にもなります。
毎日同じ靴を履かずに3,4足でローテンション組むと靴も傷みにくく、湿気もとれ靴の臭い対策にもなりますよ。
帰宅すれば足は毎日洗えますが、靴はそういうわけにはいきませんよね。
汚れた靴は雑菌が繁殖しやすく臭いの原因にもなりますので、洗える素材の靴だと安心です。

足のケア
汗で落ちた角質が雑菌と結びついてあの独特の嫌な臭いがするのです。
足の裏の臭いの成分は、イソ吉草酸という脂肪酸があの嫌な臭いを作っています。
イソ吉草酸は、毎日お風呂で足をきれいに洗っておかないと角質層に染みこんで臭いが足に定着してしまいます。
なので、足のの臭いが気になる方は、毎日足をきれいに洗う事が大事ですよ。
洗う前にお湯にしっかりとつける。
泡立て足の指の間1本ずつ、足の爪の中もしっかり洗ってくださいね。
足のかかとや指の皮膚は角質が厚くなりがちです。
古い角質を取り除くことで常在菌の繁殖を抑えることできます。
定期的に軽石ややすりえやさしくこすり、古くなった角質を取り除きましょう。
洗った後は乾燥するまで靴下などは履かないように。

靴下のケア
足と靴を綺麗にしても靴下に雑菌がたくさんいたら、靴下が菌の繁殖をうながしてしまうので意味がありません。
靴下は化学繊維のものと比べると綿やウールなど天然素材のものが吸水性が高く、足の臭いの改善に効果があります。
靴下を選ぶときは、通気性のいいものや抗菌効果が高いものを選びましょう。
こまめに靴を脱いで靴やストッキングを乾燥させることも大事です。
5本指ソックスも効果的。足の指の間の汗やムレを軽減してくれるので臭い対策になります。